平成の徳政令

2010年01月04日

今日から、私の所属しているCCM香港社も仕事はじめ、社長はじめスタッフ全員は、やる気マンマンだ。

出社早々、いきなり日本のお客様から3名の方から電話が鳴った。

私の拙著本「25年間アパート利回りが下がらない超裏技不動産投資術」をご購入いただいた読者様からだった。

「正月、休んでる場合ではないだろう!」とおひとりの方からお叱りをいただいた。

そう、私のブログでも再三にわたって警告しているが、今年は本当にヤバい、その年がスタートをしたからだ。

このお方、昭和21年、この国の内閣がいったいどんなヒドいことをしたかを勉強したそうだ。

そう、昭和21年はこの国の預金が封鎖された。ある日、突然に。

新円切り替えを実施、財産税(最大で90%)で、私たちのお金はほとんど没収されてしまったからだ。

「平成の徳政令が来るぞ、本当に!」とありがたい警告をいただいた。

まったくピンとこないが、ほんの60年前に起きた出来事だ。

 

デフォルトの根拠にはいろんな諸説があるが、どれもこれも全部当てはまる年になりそうだ。

いちばんわかりやすいのは、1200兆円の国の借金と1500兆円の個人資産、あと300兆円借金が増えたらアウトという説がある。

最も簡単な指数だ。民主党が国債を40兆円を発行するとかかなんとかいっていたから、あと6,、7年で終わりか。

また、先進国の中で、国の借金とGDP比で150%越えて存在する国は、ないということ。、ちなみに日本は150%(3倍)をゆうに超えている。

この2点だけでも十分なのに、一番怖いのは、この国の政治家が誰一人として、1200兆円の返済方法を語らないことだ。

でも、みんな、知っている。

必ず、誰かが徳政令を出してくる。

いつか、どこかで、チャラにしないとダメなんだ。

いつするんだろう。

そう、いつか必ずしないとダメなんだ。

すでに、ババ抜きゲームはスタートしている。

新しい記事へ<<  

平成の徳政令...

  |  トップページに戻る  |  

大晦日、年越し6時間SP 笑...

  >>過去の記事へ
ブログランキングに登録しています。もしよかったら、ワンクリックお願いします。!

にほんブログ村 住まいブログ 土地・不動産へ  


鈴木正浩
すずきまさひろ

1961年5月5日生まれ

早稲田大学大学院アジア太平洋研究科国際経営学(MBA)修了。千葉県匝瑳(そうさ)市出身。
29歳で地元千葉において、不動産仲介会社を創業。現在は、アパート管理件数はダントツの2000戸を数える。
2009年12月、独自のノウハウを詰め込まれた著書、「25年間アパートの利回りが下がらない<<超裏技>>不動産投資術」を出版

facebook_icon twitter_icon mixi_icon


このエントリーをはてなブックマークに追加

鈴木正浩の究極の大家道
ブログを購読する
Subscribe with Live Dwango Reader

rss2.0RSSリーダーで購読する

お問い合わせ

セミナーや投資に関するご相談は下記Eメールアドレスまで。
Email:kashikoi.ooya@gmail.com

オススメブログ
香港マイタン日記 HSBCお助け支店 海外FXお役立ちガイド
ブログランキング
にほんブログ村 住まいブログ 土地・不動産へ