異常な放射線量 千葉県匝瑳市

2015年03月07日

かしこい大家のみなさま こんにちは

鈴木正浩です


現在 私の会社で 太陽光発電事業を数か所で

進行中ですが


そのうち

千葉県横芝光町から 匝瑳市上谷中あたりにかけて

現場を仕切る 会社の社長から

「異常に 放射線量が高い」と ご指摘をうけました

 

こんな お話をすると 自分の首を絞める話になり

 

土地が売れなくなったり

農作物や水産品などにも影響がでるかもしれませんが

事実として 下記のデータを頂戴しましたので

アップさせていただきます


 

 

2015030901.jpg

 

 

上記の数字は 0.82マイクロシーベルト

 2015年3月5日 午後2時のものです

場所は 

千葉県匝瑳市上谷中から横芝光町の間で車を走らせ

数回 計測したところ 

おおむね この数字だったそうです

 

そうなると私の実家などはアウトです

 


その後

知らせてくれた 社長が そのまま 車を走らせて

茨城県 神栖市において

放射線測定した数字が

下記の 0.12マイクロシーベルトだったそうです

 

かなりの差があるので

大変驚いておりました

 

この状況で積算していくと

自然被ばくで 年間4ミリシーベルトを超え

 

結構な数字になりますから

恐ろしいです





2015030902.jpg

 

計測する場所 天候 風向きなど

条件などで 大きく  数字が大きくかわるようでが・・


 

 

詳しいことは わかりませんが

どうしたらいいか 

市に相談してみようと 思っております


老い先短い 私などは どうでもいいですが

未来を託す子供たちのことを思うと 

問題を提起せずにはいられません

 


どなたか お詳しい方がいらっしゃいましたら

一緒に ご協力 お願いできませんか?

 

何もなく

ブログだけの 戯言で済めば 

それにこしたことはありませんので 

是非 確かめたいとおもっております


お知らせいただきました 社長に感謝もうしあげます

 

 


線量の換算方法

 

追加被ばく線量年間1ミリシーベルトを、一時間あたりに換算すると、最大で毎時0.19マイクロシーベルトとなります。(1日のうち屋外に8時間、屋内(遮へい効果(0.4倍)のある木造家屋)に16時間滞在するという生活パターンを仮定)

毎時0.19マイクロシーベルト×(8時間+0.4×16時間)×365日=年間1ミリシーベルト

測定器で測定される放射線には、事故由来の放射性物質による放射線に加え、大地からの放射線(毎時0.04マイクロシーベルト)が含まれます。このため、測定器による測定値としては、

0.19(事故由来分)+0.04(自然放射線分)=毎時0.23マイクロシーベルト

である場合、年間の追加被ばく線量が1ミリシーベルトになります。


私達は自然界からも放射線を受けています。
シーベルトは放射線量の単位です。

宇宙から0.3ミリシーベルト(年間)
食物から0.2ミリシーベルト(年間)
大地から0.5ミリシーベルト(年間)
人間の体内から0.14ミリシーベルト(年間)


新しい記事へ<<  

異常な放射線量 千葉県匝瑳市

  |  トップページに戻る  |  

落札後 大事なこと

  >>過去の記事へ
ブログランキングに登録しています。もしよかったら、ワンクリックお願いします。!

にほんブログ村 住まいブログ 土地・不動産へ  


鈴木正浩
すずきまさひろ

1961年5月5日生まれ

早稲田大学大学院アジア太平洋研究科国際経営学(MBA)修了。千葉県匝瑳(そうさ)市出身。
29歳で地元千葉において、不動産仲介会社を創業。現在は、アパート管理件数はダントツの2000戸を数える。
2009年12月、独自のノウハウを詰め込まれた著書、「25年間アパートの利回りが下がらない<<超裏技>>不動産投資術」を出版

facebook_icon twitter_icon mixi_icon


このエントリーをはてなブックマークに追加

鈴木正浩の究極の大家道
ブログを購読する
Subscribe with Live Dwango Reader

rss2.0RSSリーダーで購読する

お問い合わせ

セミナーや投資に関するご相談は下記Eメールアドレスまで。
Email:kashikoi.ooya@gmail.com

オススメブログ
香港マイタン日記 HSBCお助け支店 海外FXお役立ちガイド
ブログランキング
にほんブログ村 住まいブログ 土地・不動産へ