柔道しながら政治ができるのか!!

2010年05月11日

かしこい大家さん こんにちは

柔ちゃん、オリンピック目指しながら政治ができるんですか?

オリンピックに公務が重なったら、どちらを優先するんでしょうか?

日本が財政危機にひんしている今

柔道しながら政治は絶対にできない

ジャイアントスイングをしながら馳浩は議員をやってました

が、両立できずに 引退

「正直、イラク問題とかよくわかんないんだよね、ぶちゃけ」と

言い放った文教科学委員 神取 忍議員も

(上記の技、わき固め わきが甘い政治家さんに教えてあげてください)

事実上、プロレスは引退してます

 

 

柔ちゃん、政治はやめたほうがいいですよ!!

広告塔に利用されるだけですよ!!

ホントですよ!!

 

これから野党リークで

柔ちゃんの家族のことや

プライベートな過去がこれから出てくると思うと

イメージしていた人と違う!!

と、ならなければいいのですが・・

ファンがおおいあなただからこそ心配です。

 

それにしても、野球選手、プロレスラー、歌手、柔道家、

参議院選挙 すごいことになってきました。

個人的には、三原じゅん子 を応援したいとおもっております

 

産経新聞より転載します

財務省は10日、国債と借入金、政府短期証券を合わせた国の債務残高(借金)が

2010年3月末時点で882兆9235億円となり、過去最大を更新したと発表した。

この10年あまりで倍増した。国民1人あたりでも過去最悪の約693万円となり、700万円の大台に迫った。

総額は1年前の09年3月末に比べ36兆4265億円増加。昨年12月末と比べても11兆4130億円増えた。

このうち、国債全体の残高は720兆4890億円となり、1年前より40兆円以上増えた。

不況に伴う税収減や大規模な景気対策のために国債発行が膨らんだことが原因。

特に財源の穴埋めのために発行する普通国債は1年前に比べ48兆360億円増の593兆9717億円となった。

国債以外では、借入金が1兆1598億円減の56兆4063億円、政府短期証券は2兆4545億円減の106兆281億円となった。

 

いまさら驚くニュースではありませんが、ギリシャの次は日本と断言するアナリストが多くいます。

ギリシャよりヒドい日本の財政が、何故維持できているかといえば

言うまでもなく、国債の国内消化率が95%と高く維持されているからです。

まだまだ、なんの疑いもなく国債を買ってくれる人がいるんです。

というか、郵貯に預けたお金で、間接的に買わされているといったほうが正確ですかね。

僕の友人の銀行マンに聞けば、

まだ国債を買え!!と国からの締め付けがないそうです。

だから、当分は大丈夫 とノンキなことを言ってました。

 

金利もこんな状況にも関わらずに安定しておいます。

しかし、いよいよこの国債の消化ができない状況になってきたら、

大幅に金利が上昇したら、

国の崩壊がはじまっていきます。

 

だから、柔ちゃん たぶん柔道をやっているヒマはないですよ

お願いですから、これ以上の財政支出はさけてくださいね

それが、あなたの仕事です。

 

オリンピックで金をとることは、あなた個人的なこと

バッチは国民の付託、何百万人の方の付託 

これだけは忘れないでほしい

金メダルと政治は全く違うから

将来の子供たちのためにも、借金のツを自分の子供の代まで

繰り延べしないように精いっぱいがんばってほしいものです。

 

なんたって、ママから毎月1500万円のお金をもらっていることすら知らない

総理大臣がこの国のかじ取りをしているわけすから。

新しい記事へ<<  

柔道しながら政治ができるのか!!

  |  トップページに戻る  |  

沢尻エリカ様の結婚式場

  >>過去の記事へ
ブログランキングに登録しています。もしよかったら、ワンクリックお願いします。!

にほんブログ村 住まいブログ 土地・不動産へ  


鈴木正浩
すずきまさひろ

1961年5月5日生まれ

早稲田大学大学院アジア太平洋研究科国際経営学(MBA)修了。千葉県匝瑳(そうさ)市出身。
29歳で地元千葉において、不動産仲介会社を創業。現在は、アパート管理件数はダントツの2000戸を数える。
2009年12月、独自のノウハウを詰め込まれた著書、「25年間アパートの利回りが下がらない<<超裏技>>不動産投資術」を出版

facebook_icon twitter_icon mixi_icon


このエントリーをはてなブックマークに追加

鈴木正浩の究極の大家道
ブログを購読する
Subscribe with Live Dwango Reader

rss2.0RSSリーダーで購読する

お問い合わせ

セミナーや投資に関するご相談は下記Eメールアドレスまで。
Email:kashikoi.ooya@gmail.com

オススメブログ
香港マイタン日記 HSBCお助け支店 海外FXお役立ちガイド
ブログランキング
にほんブログ村 住まいブログ 土地・不動産へ