一病息災

2015年07月26日
このエントリーをはてなブックマークに追加

一病息災とは よく言ったものだ

一つくらいは 何か持病や病気があったほうが

自らの体に注意を払うので

かえって健康になる

54歳の自分を見つめなおす 良い時間が

このところ 訪れている

男子の平均健康寿命が 72歳からすれば

あと 20年弱か

いまの新築アパートの耐用年数よりも

自分の健康期間が少ないわけだが

いま 真剣に考えはじめているのは

不動産投資を加速するか

または 打ち止めにしておくか

ご存知 不動産投資をやり続けることは

資産は増えるものの

大金を手にすることなく 

一生を終えてしまう 

教育を施さなかった馬鹿な子供たちの

遺産相続の餌食になるのは あきらかだ

私も娘一人だからといって 安心はできず

どんな男と結婚するかどうかにもかかってくる

若いころは考えもしなかったが

よくよく冷静に考えてみると

確実に 私は 

不動産の新築耐用年数以内で 体がおかしくなる

不動産は30年スパンで 考えて 

行動しなければならないゆえ

いろいろ 考えさせられる 今日この頃だ

いま  5月の私の誕生日 以降

体のメンテナンス中 

 

今更ながら 過去の暴飲暴食を反省しながら

家での晩酌をやめ ベビーラーメンもやめ

体重も5キロ落ちて

だいぶ 軽くなってきた

糖尿病になったわけではない 

生きる死ぬとかの病気にかかったわけではない

 

しかし ここ最近 同年代の友人の死など

結構 重なったりして いささか 落ち込んでもいる

 

彼は がんの末期だった

本人の前では 

医師からは 余命1年と言われそうだが

 

実は家族には 1か月もつかどうかの話で

言葉の通り 1か月で亡くなった

 

 

余命宣告を受けた彼の心境を思えば

私の軽い言葉では代弁できない

 

普通に元気な私たちが 

それはきっと羨ましいとおもったに違いない

しかし 私たちは 

普通に生きている ありがたさを忘れている

 

一病息災

 

 

癌を告知され 余命まで 告げられた人が

残り少ない 最後の時間を

生き生きと 生きている姿を時にテレビなどで 見るが

到底 私のようなメンタルでは 

それは乗り越えることはできないだろう 

 

 

 

 

新しい記事へ<<  

一病息災...

  |  トップページに戻る  |  

政治は数であり、数は力、力は金だ

  >>過去の記事へ
ブログランキングに登録しています。もしよかったら、ワンクリックお願いします。!

にほんブログ村 住まいブログ 土地・不動産へ  


鈴木正浩
すずきまさひろ

1961年5月5日生まれ

早稲田大学大学院アジア太平洋研究科国際経営学(MBA)修了。千葉県匝瑳(そうさ)市出身。
29歳で地元千葉において、不動産仲介会社を創業。現在は、アパート管理件数はダントツの2000戸を数える。
2009年12月、独自のノウハウを詰め込まれた著書、「25年間アパートの利回りが下がらない<<超裏技>>不動産投資術」を出版

facebook_icon twitter_icon mixi_icon


このエントリーをはてなブックマークに追加

鈴木正浩の究極の大家道
ブログを購読する
Subscribe with Live Dwango Reader

rss2.0RSSリーダーで購読する

お問い合わせ

セミナーや投資に関するご相談は下記Eメールアドレスまで。
Email:kashikoi.ooya@gmail.com

オススメブログ
香港マイタン日記 HSBCお助け支店 海外FXお役立ちガイド
ブログランキング
にほんブログ村 住まいブログ 土地・不動産へ