笑ってこらえて

2014年02月04日

 

先週 名古屋に行ったばかり

思い出に 見物して帰ればよかった

大家は 家賃滞納されて 頭にきているでしょうけど

演芸場での大トリが 


「執行官」


には 大爆笑


足立さんの一世一代の大捕物劇は 

実は 俺だった

シャレで終わりにしたかったのかな


不謹慎で すみません


読売ニュースより


名古屋市中区大須の常設寄席「大須演芸場」で3日、

名古屋地裁による建物引き渡しの強制執行が行われた

同演芸場では先月31日の最終の営業公演後も無料での公演が続けられ、

この日の無料公演は立ち見も含めて250人が詰めかけた。

午後1時半、

地裁の執行官が警察官に伴われて公演中の演芸場に入り、

観客を退出させた。

入り口は鎖で封鎖された上、

「立ち入りを禁ずる」との紙が貼られ、建物は所有会社に引き渡された。

同演芸場に住む席亭の足立秀夫さん(80)の退去期限は、

最終的に3月3日で合意したという。

関係者によると、演芸場が滞納している家賃は1千数百万円に上る。

建物の利用には数件の引き合いがあるといい、

所有会社は、足立さんの退去後、

専門家による建物の老朽化状況の検査を行った上で貸出先などを決める方針だ。



新しい記事へ<<  

笑ってこらえて...

  |  トップページに戻る  |  

四海兄弟(しかいていけい)

  >>過去の記事へ
ブログランキングに登録しています。もしよかったら、ワンクリックお願いします。!

にほんブログ村 住まいブログ 土地・不動産へ  


鈴木正浩
すずきまさひろ

1961年5月5日生まれ

早稲田大学大学院アジア太平洋研究科国際経営学(MBA)修了。千葉県匝瑳(そうさ)市出身。
29歳で地元千葉において、不動産仲介会社を創業。現在は、アパート管理件数はダントツの2000戸を数える。
2009年12月、独自のノウハウを詰め込まれた著書、「25年間アパートの利回りが下がらない<<超裏技>>不動産投資術」を出版

facebook_icon twitter_icon mixi_icon


このエントリーをはてなブックマークに追加

鈴木正浩の究極の大家道
ブログを購読する
Subscribe with Live Dwango Reader

rss2.0RSSリーダーで購読する

お問い合わせ

セミナーや投資に関するご相談は下記Eメールアドレスまで。
Email:kashikoi.ooya@gmail.com

オススメブログ
香港マイタン日記 HSBCお助け支店 海外FXお役立ちガイド
ブログランキング
にほんブログ村 住まいブログ 土地・不動産へ