正解は「醤油」でしたが・・・

2012年02月03日

かしこい大家さん こんにちは

今日3日

一陽来福 貼りましたか?

商売繁盛の神様です

 

大浦神社の「勝守」と

 

 

一陽来復(いちようらいふく)

商売する人にとっては 必須アイテムです

 

 

さて、

昨日の読者クイズ 

あっという間に終わってしまいました

 

そこで 正解ですが

「醤油」の影響

でした

 

ところが

ラジオ波で肝臓がんを撃退する

銚子在住のスーパードクターSさんより

ちょいと医学的な見地というご意見を頂戴しました

これが ホントの正解でしょうかね

 

 

こんにちは。

銚子の平均寿命は短いですね。以下のような市議会でのやりとりがありました。


2010年09月議会一般質問

加瀬庫蔵

 市立病院再生について質問いたします。

 前回6月議会では、銚子市における平均寿命が千葉県下最低である事や、全国共通である4つの疾病状況等が明らかになりました。その中で、特に上位3つの疾病であるガン・心疾患・脳血管疾患に対する死亡率が、全国や千葉県の死亡率をはるかに上回る現実が明らかになったのであります。

 銚子市が発表した平成19年度主要死因別死亡状況を見ると、悪性新生物・ガンの死亡数は282人でした。これを10万人対死亡数に置き換えて全国平均や千葉県平均と比較すると、全国平均は266.7人、千葉県平均は232.2人でしたが、銚子市は387.9人となり、ダントツに高い現実が突きつけられたのであります。心疾患での死亡数は182人でした、これを10万人対死亡数で表すと、全国平均は139.1人、千葉県平均は131.8人ですが、銚子市は何と250.3人にもなっているのであります。脳血管疾患での死亡数は160人でした、これを10万人対死亡数で見ると、全国平均は100.7人、千葉県は83.3人であるのに、銚子市は220.1人という事であり、またも全国や千葉県平均より2倍を超える数である事が明らかになりました。これら3つの疾病に対する死亡数は624人に上り、平成19年度全体の死亡数993人の63%にもなるのであります。この様に全国や千葉県の平均値をはるかに上回る異常さであるだけでなく、3つの疾病だけで銚子市に置ける死亡者の半数を大幅に超えている事が明らかになったのであります。市立病院再開に当たって、この事が最大の課題とならなくて何が銚子市の課題かと思うのであります。


つまり、あらゆる病気が多いということです。

塩分過剰もあると思いますが、ちゃんとした病院がないことが
 
平均寿命が短い理由ではないでしょうか?

私の資料では、野田市は平均寿命上位ではありませんが、

銚子のように3年以上短いことはありません。

 

私もある議員の方から 聞いた伝聞で

確かな根拠もなく 野田市のことを書いてしまいました

すみません

 

新しい記事へ<<  

正解は「醤油」でしたが・・・

  |  トップページに戻る  |  

読者プレゼント

  >>過去の記事へ
ブログランキングに登録しています。もしよかったら、ワンクリックお願いします。!

にほんブログ村 住まいブログ 土地・不動産へ  


鈴木正浩
すずきまさひろ

1961年5月5日生まれ

早稲田大学大学院アジア太平洋研究科国際経営学(MBA)修了。千葉県匝瑳(そうさ)市出身。
29歳で地元千葉において、不動産仲介会社を創業。現在は、アパート管理件数はダントツの2000戸を数える。
2009年12月、独自のノウハウを詰め込まれた著書、「25年間アパートの利回りが下がらない<<超裏技>>不動産投資術」を出版

facebook_icon twitter_icon mixi_icon


このエントリーをはてなブックマークに追加

鈴木正浩の究極の大家道
ブログを購読する
Subscribe with Live Dwango Reader

rss2.0RSSリーダーで購読する

お問い合わせ

セミナーや投資に関するご相談は下記Eメールアドレスまで。
Email:kashikoi.ooya@gmail.com

オススメブログ
香港マイタン日記 HSBCお助け支店 海外FXお役立ちガイド
ブログランキング
にほんブログ村 住まいブログ 土地・不動産へ