韓国にっき①

2010年01月11日

ただいま。

昨日無事に帰ってまいりました。

今回は、急きょ決まった出張で、日本から韓国、そして天津へ飛び、急きょ深センンへ行ってきました。

最後の日、深センからCCM香港社へ行こうとしたら、CCMスタッフの一人から緊急連絡が。

どうも、韓国、中国に行ったことがまずかったのか「オフショアでもない地域に、なんで行っているんだ」、と香港のボスがちょいと機嫌が悪いと密告。

今月私の読者様が続々香港入りするんで、「よろしくね」と肩でも揉んでさしあげようかと思っていたが、機嫌が悪いということで帰ることにした。

どうも、香港のボスは韓国、中国が苦手らしい。

 

さて、初日の韓国、すでにテレビニュースでもご存じのとおり、気象観測以来の積雪。

昼でマイナス13度、夜にはなんとマイナス18度になっていた。

同行した二三男こと「スウェーデン」が本当におしっこが凍るかもしれないと言って、外にでておしっこをしてきたが、凍らなかった。

やはり、スウェーデンはやることが違う。

 

しかし、この寒さの被害はすぐにやってきた。

マイナス18度の極寒の夜、宴会が終わってホテルに車で帰った。

そして、車からキャリーバックを降ろした途端、ガチャ。

嫌な音だ。

よく見ると、バックのキャリータイヤの部分が真っ二つに割れている。

運転手いわく、「寒さにやられたなぁ」とハングルで。

以後、全日程バックをずっと持つハメに、なってしまった。

ルイ・ヴィトンのキャリーバックだよ(悲)

新しい記事へ<<  

韓国にっき①...

  |  トップページに戻る  |  

超極寒の天津から移動、深圳へ

  >>過去の記事へ
ブログランキングに登録しています。もしよかったら、ワンクリックお願いします。!

にほんブログ村 住まいブログ 土地・不動産へ  


鈴木正浩
すずきまさひろ

1961年5月5日生まれ

早稲田大学大学院アジア太平洋研究科国際経営学(MBA)修了。千葉県匝瑳(そうさ)市出身。
29歳で地元千葉において、不動産仲介会社を創業。現在は、アパート管理件数はダントツの2000戸を数える。
2009年12月、独自のノウハウを詰め込まれた著書、「25年間アパートの利回りが下がらない<<超裏技>>不動産投資術」を出版

facebook_icon twitter_icon mixi_icon


このエントリーをはてなブックマークに追加

鈴木正浩の究極の大家道
ブログを購読する
Subscribe with Live Dwango Reader

rss2.0RSSリーダーで購読する

お問い合わせ

セミナーや投資に関するご相談は下記Eメールアドレスまで。
Email:kashikoi.ooya@gmail.com

オススメブログ
香港マイタン日記 HSBCお助け支店 海外FXお役立ちガイド
ブログランキング
にほんブログ村 住まいブログ 土地・不動産へ