シャネル女史からのお礼の電話

2009年12月20日

僕の友達に「シャネル女史」と言われている素敵な女性がいる。このかた、なんで「シャネル女史」というあだ名がついたかというと、話は香港の大富豪が主催した船上パーティーに招待された時にさかのぼる。

華やかなパーティーにふさわしいサングラスをもっていなかった女史は、香港のシャネルの店に直行、なんと8万円もするサングラスを購入し、意気揚揚と乗船。

そして、間もなく悲劇が・・

慣れないパーティーに、船が揺れ、よろけたとたんに、オデコにかけていたサングラスが人とぶつかり、

そして⇒海へ・・・

買ったばかりで、身につけて2時間のサ・ヨ・ウ・ナ・ラ 

船の上からは、笑いが消え、シラーッとした異様な空気があたりを漂う中、落ち込んだ彼女にさらなる悲劇が襲う

頭にきた女史は、やけ食いをして、おいしい上海カニをおもいっきり、食べたとたん、ガリッ!

なんと、歯が折れてしまい、その痛さは半端ではなく、とうとう日本へ強制送還。

その後の足取りはパタッと途絶えていた。 そして、半年後の昨日

女史は生きていた!元気に電話があり、「ファンドの評価書が届きました。損したシャネル代と歯の治療代を取り戻しました」と上機嫌。

で、どくらいファンドがあがったの?と聞いたら、6か月で毎月500ドルの積立で、合計3000ドルが3800ドルになっているよ!とかなり興奮し、喜んでおった。

本当に海外ファンドを威力はすごいもんだ。

はやく、女史もアパートを持ちなさいとアドバイスしたのは言うまでもない。そして、また機会があったら香港に遊びにきてください、シャネル女史。

 

 

新しい記事へ<<  

シャネル女史からのお礼の電話

  |  トップページに戻る  |  

積立投資の評価書

  >>過去の記事へ
ブログランキングに登録しています。もしよかったら、ワンクリックお願いします。!

にほんブログ村 住まいブログ 土地・不動産へ  


鈴木正浩
すずきまさひろ

1961年5月5日生まれ

早稲田大学大学院アジア太平洋研究科国際経営学(MBA)修了。千葉県匝瑳(そうさ)市出身。
29歳で地元千葉において、不動産仲介会社を創業。現在は、アパート管理件数はダントツの2000戸を数える。
2009年12月、独自のノウハウを詰め込まれた著書、「25年間アパートの利回りが下がらない<<超裏技>>不動産投資術」を出版

facebook_icon twitter_icon mixi_icon


このエントリーをはてなブックマークに追加

鈴木正浩の究極の大家道
ブログを購読する
Subscribe with Live Dwango Reader

rss2.0RSSリーダーで購読する

お問い合わせ

セミナーや投資に関するご相談は下記Eメールアドレスまで。
Email:kashikoi.ooya@gmail.com

オススメブログ
香港マイタン日記 HSBCお助け支店 海外FXお役立ちガイド
ブログランキング
にほんブログ村 住まいブログ 土地・不動産へ