こんな時は借入しなきゃ

2015年03月09日
このエントリーをはてなブックマークに追加

 

大前研一氏 いわく

 


世界中 どこ探しても

フラット35のような

 

1.5% 固定で

35年間 フィックスの 

金利商品など ありやしない


世界でも 金利が5%を切ってくると

住宅がバンバンと 建て始まる

 

日本では 私の知る限り

4%が3%になった段階で 

こぞって みんな 家を建てたが

 

現在では 

35年間の固定金利 1.5%になっても

住宅建設が 活況だというニュースは ない

 

せいぜい 消費税の駆け込み時期だけだ

 

それもそのはず

 

いまから 20数年前は 一年間に 200万戸建ってた時代

いまでは どんな 政策をうっても

90万戸

10年後には  60万戸になるだろうと言われている

 

人口減少や

円安による 材料代や建築コストが上がっていることが要因であるが


が しかし 実は もっと それ以上に 深刻な問題がある

それは 「意識の問題」である


いまの 35歳(前後)以下の方たちを

大前氏いわく

低欲望世代 と 言うそうだ


車 いらない 家いらない 

女いらない(男いらない)

晩婚化 非婚化が進む 

 


私の若かりし時代は 

仕事のモチベーションは車やデートであった

彼女を助手席の乗せて ドライブ

あちこち 遊ぶために仕事をしていたようなもんだ


それが いまでは 低欲望時代

そんな 時代に 孫正義 が 大喜びだそうだ

 

「みんな 低欲望だから

誰も競争相手が 少ないと」



だから 私は いま 

ガンガン 借入を行っている

 

政府のインフレ ターゲットがあるのに

金利が 下がりっぱなし 

賃貸物件や 不動産を買うには 最高のタイミングである


そうなると これからの 

成功するためのキーワードは

大欲望 ということになる

 

思いっきり 知識武装をし

若干 背伸びをして 

事業を決断する 勇気をもつこと


と 分析しました いかがでしょうか?

 

もちろん ちゃんと DSCRを理解し

5%金利になっても 耐える事業計画が必要ですけど・・ね





新しい記事へ<<  

こんな時は借入しなきゃ

  |  トップページに戻る  |  

公売落札 66万円の中古 千...

  >>過去の記事へ
ブログランキングに登録しています。もしよかったら、ワンクリックお願いします。!

にほんブログ村 住まいブログ 土地・不動産へ  


鈴木正浩
すずきまさひろ

1961年5月5日生まれ

早稲田大学大学院アジア太平洋研究科国際経営学(MBA)修了。千葉県匝瑳(そうさ)市出身。
29歳で地元千葉において、不動産仲介会社を創業。現在は、アパート管理件数はダントツの2000戸を数える。
2009年12月、独自のノウハウを詰め込まれた著書、「25年間アパートの利回りが下がらない<<超裏技>>不動産投資術」を出版

facebook_icon twitter_icon mixi_icon


このエントリーをはてなブックマークに追加

鈴木正浩の究極の大家道
ブログを購読する
Subscribe with Live Dwango Reader

rss2.0RSSリーダーで購読する

お問い合わせ

セミナーや投資に関するご相談は下記Eメールアドレスまで。
Email:kashikoi.ooya@gmail.com

オススメブログ
香港マイタン日記 HSBCお助け支店 海外FXお役立ちガイド
ブログランキング
にほんブログ村 住まいブログ 土地・不動産へ