入居審査は重要である

2014年03月05日
このエントリーをはてなブックマークに追加

 

千葉県柏市の通り魔事件

同じマンションで 被害者 加害者

亡くなられた被害者の方は 本当に御気の毒である


一方で この事件を不動産管理会社として

とらえてみると

マンションオーナーの心中をお察しするとともに

不動産管理会社には

これから

つらい対応が待ち受けている


残念ながら 加害者の部屋は

心理的瑕疵として

これからもずっと入居に影響があり


法的説明が必要としなくても

ずっと 道義的説明義務がつづく


実は 私もおなじ経験がある

途中から 引き継いだ 管理物件で

ややこしい話


入居者ではない人が

私の管理アパートで

うちの入居者によって 暴行されて死亡した事件がおきた


加害者は 同じアパートの二人

ガサ入れもあり

管理会社は

朝から終わるまで ガサ入れに立ち合う

 

調書も契約の経緯も警察で聞かれ

3日くらい拘束される


この場合

オーナーも 保証人も 

誰も なにも してくれない


正確には 何もできないし

管理会社がすべて対応するしかない


警察だって 逮捕した後

アパートの家賃や家財道具など

知ったことではないし

 

問い合わせしても

起訴までは

いっさい 教えてくれない


その間 家賃は発生するし

電気、水道、電話、ガスと

いままで利用した分の支払いもある


 

こうした事件のあと 

さらなる追い討ちが管理会社に待ち受けている

オーナーからは 

なんでこんなキチガイを入居させたんだと

言う方もいるだろう

キチガイの見極めも不動産管理会社のチカラ


以前にも お話したが

入居者が自殺した時

あるオーナーからは

入居審査でうつ病歴がわからなかったのか!!

と御叱りをうけたこともある


亡くなっている方がいるにもかかわらず

オーナーにとってみれば

それだけで 数百万円単位で家賃の減収

 

さらに 不動産評価の減損である

 


こうしてみると

入居審査はとても重要な仕事である

 

私たちも なんとか 空室率をおさえるために

無理して 入居させると 

結局 最後は いろいろな問題が発生する

 

私は 20年以上 管理業をしているが

これまで

殺人、自殺、放火等 大体の事件は経験してきたが

はやり 入居審査をちゃんとやっておけば

防ぐことができた人は 確かにいたと思っている



 

 

 

 

新しい記事へ<<  

入居審査は重要である

  |  トップページに戻る  |  

ヒーローになる時 それは今

  >>過去の記事へ
ブログランキングに登録しています。もしよかったら、ワンクリックお願いします。!

にほんブログ村 住まいブログ 土地・不動産へ  


鈴木正浩
すずきまさひろ

1961年5月5日生まれ

早稲田大学大学院アジア太平洋研究科国際経営学(MBA)修了。千葉県匝瑳(そうさ)市出身。
29歳で地元千葉において、不動産仲介会社を創業。現在は、アパート管理件数はダントツの2000戸を数える。
2009年12月、独自のノウハウを詰め込まれた著書、「25年間アパートの利回りが下がらない<<超裏技>>不動産投資術」を出版

facebook_icon twitter_icon mixi_icon


このエントリーをはてなブックマークに追加

鈴木正浩の究極の大家道
ブログを購読する
Subscribe with Live Dwango Reader

rss2.0RSSリーダーで購読する

お問い合わせ

セミナーや投資に関するご相談は下記Eメールアドレスまで。
Email:kashikoi.ooya@gmail.com

オススメブログ
香港マイタン日記 HSBCお助け支店 海外FXお役立ちガイド
ブログランキング
にほんブログ村 住まいブログ 土地・不動産へ