祭りのあと

2013年10月19日

かしこい大家さん こんにちは

 

いま 建設業は 

空前の景気に沸いている

13101901.jpg

建築前に施主が行う地盤調査は 

過去最高の件数に膨れ上がり

 

それに伴う 地盤改良工事は

すでに 一か月半先まで

満タンの状態である


こんな時は イケイケで

人員増員や

設備投資など したいところだが

じっと我慢をしなけらばならないのがつらい

 

13101902.jpg

 

当然ながら 悔しさいっぱいの

失注が わんさかあるが

 

アベノリスクが露呈する

来年2月以降の

祭りのあとを想像すると

やむを得ない状況だ


しかし  

十把一絡げのごとく


何の 区別もなく

一律に課す

消費税は

なんとかしてほしいものだ

 

政策の変化は

ほとんどの商売において

影響大であるが

 

特に 住宅など 

価格のはるものは

駆け込み需要の代表格


人口が減っている日本で

その先に待っているのは

おわかりになるだろう



で こんなニュースも

マンション絶好調!!

 

 

不動産経済研究所が16日発表した

9月の首都圏(東京、神奈川、埼玉、千葉)のマンション発売戸数は、

前年同月比77・3%増の5968戸の大幅増となり、

5か月連続で前年実績を上回った。9月としては2006年(6488戸)以来、

7年ぶりの高水準となった。

来年4月の消費増税前の駆け込み需要を見込んで、

不動産各社が大型物件を集中的に発売した。

平均価格が1億円を超える高額物件が即日完売した例もあった。

発売した月に売れた物件の割合を示す契約率は、

首都圏で14・2ポイント増の83・5%と4か月連続で80%台を維持し、

好不調の目安とされる70%を8か月連続で超えた。

近畿圏(大阪、京都、兵庫、奈良、滋賀、和歌山)の発売戸数も

85・3%増の3671戸と前年を大きく上回り、02年(3197戸)以来、

11年ぶりの水準だった。

新しい記事へ<<  

祭りのあと...

  |  トップページに戻る  |  

東京地方裁判所にて

  >>過去の記事へ
ブログランキングに登録しています。もしよかったら、ワンクリックお願いします。!

にほんブログ村 住まいブログ 土地・不動産へ  


鈴木正浩
すずきまさひろ

1961年5月5日生まれ

早稲田大学大学院アジア太平洋研究科国際経営学(MBA)修了。千葉県匝瑳(そうさ)市出身。
29歳で地元千葉において、不動産仲介会社を創業。現在は、アパート管理件数はダントツの2000戸を数える。
2009年12月、独自のノウハウを詰め込まれた著書、「25年間アパートの利回りが下がらない<<超裏技>>不動産投資術」を出版

facebook_icon twitter_icon mixi_icon


このエントリーをはてなブックマークに追加

ブログランキング
にほんブログ村 住まいブログ 土地・不動産へ
鈴木正浩の究極の大家道
ブログを購読する
Subscribe with Live Dwango Reader

rss2.0RSSリーダーで購読する

お問い合わせ

セミナーや投資に関するご相談は下記Eメールアドレスまで。
Email:kashikoi.ooya@gmail.com

オススメブログ
香港マイタン日記 HSBCお助け支店 海外FXお役立ちガイド
過去記事アーカイブ