そろそろ 買付なければ 不動産ではなく馬

2015年05月11日

 

かしこい大家の皆さま こんにちは

鈴木正浩です


最近 私の愛馬 ブラックエミオが引退して以降

馬や競馬の話題が だいぶ 少なくなりましたが


現在 大井でクローヌドフルール

中央では 秋ころデビューする 

キーライムという馬を共有しております

 

クローヌドフルール号は デビュー戦を勝ち上がって以降

成績が振るわず 現在 放牧中

牝馬ゆえ 一度 崩れると なかなか復活がむずかしいですね


また、キーライムも 400㎏に満たない 小さな体ゆえ

成長を促しながら 見守っているところです


馬主になった以上

共有ではなく 100%所有の馬を

購入して 走らせたいところではあります

 

今月は 北海道で 最後の2歳馬のセリが

ありますので今年は 一頭 購入する予定です

 


さて 話は戻りますが

馬主のなるのも 大変な苦労な中

やっと なれたと思って 喜んで入会してみると


中央競馬での馬主のヒエラルキーは

すさまじいものがあり


私のような馬主として底辺にいるようなものから


社台グループのクラブや

自ら立ち上げた上場企業の社長など

その格差には ただただ タメ息がでるだけです


なので 私のようなものが

無理なく ずっと長く

馬主を続けていくためには 



こうした 共有しながら たくさんの馬をもつことも

リスク分散の上では とても 大事なことでもあります

 

※ここでいう共有は 一口馬主とは違って

馬主資格がある人で構成するもので

構成員は10人以下でなければ なりません

なので 最低 10%以上は保有することになってます


驚くなかれ

1000万円以上する 競走馬を購入後

デビューまで 牧場で預託するお金が月30万円

やがて 美浦や栗東の厩舎に入った途端

月60万円の預託料が 発生してきます

これは たった一頭にかかる費用です


全く勝てない 駄馬でも

天皇賞を勝ったゴールドシップも 預託料は一緒なのです


もちろん 出走できれば

それなりの 奨励金が出ますので

月一度くらい 出走できれば その負担は 半分くらいで済みます


ただ 中央(JRA) 月1度 走ることは 困難を極め


それなりの成績を残さないと 次は2か月後とかになります

出走枠が決まっているので 優先出走権(5着以内)のある馬から

出走が許可されますので

そう 簡単に 走ることができないのです

 

そんなわけで ほぼ 多くの馬主は 赤字であり

同じ黒字でも そんなに たくさん儲かっている人は少ないと思います。

私の見立て 95%損している馬主がいて

5%の大儲けの馬主がいる

そんな世界であるのです

 

 

 

 

 







新しい記事へ<<  

そろそろ 買付なければ 不動...

  |  トップページに戻る  |  

54歳の誕生日

  >>過去の記事へ
ブログランキングに登録しています。もしよかったら、ワンクリックお願いします。!

にほんブログ村 住まいブログ 土地・不動産へ  


鈴木正浩
すずきまさひろ

1961年5月5日生まれ

早稲田大学大学院アジア太平洋研究科国際経営学(MBA)修了。千葉県匝瑳(そうさ)市出身。
29歳で地元千葉において、不動産仲介会社を創業。現在は、アパート管理件数はダントツの2000戸を数える。
2009年12月、独自のノウハウを詰め込まれた著書、「25年間アパートの利回りが下がらない<<超裏技>>不動産投資術」を出版

facebook_icon twitter_icon mixi_icon


このエントリーをはてなブックマークに追加

鈴木正浩の究極の大家道
ブログを購読する
Subscribe with Live Dwango Reader

rss2.0RSSリーダーで購読する

お問い合わせ

セミナーや投資に関するご相談は下記Eメールアドレスまで。
Email:kashikoi.ooya@gmail.com

オススメブログ
香港マイタン日記 HSBCお助け支店 海外FXお役立ちガイド
ブログランキング
にほんブログ村 住まいブログ 土地・不動産へ