私が警鐘を鳴らす大家の宿命が現実になりますね

2012年02月08日
このエントリーをはてなブックマークに追加

 橋下徹市長は年金制度について、「今までの考え方では財政がもたないことは誰もがわかっている。老後の生活をするための資金は、今まで蓄えた資産からまずは使ってもらうことを考えないと、日本は立ち直らない」と述べ、一定の資産を保有する高所得者層には年金を支給せず、保険料が掛け捨てになる制度を検討しているとした。

 地方の自立を促すため、国から地方への税源移譲を視野に、地方交付税の廃止を盛り込む方針も表明し、「明治以来のこの国のシステムを抜本的に変える」と述べた。経済の活性化策では、預貯金や土地・建物など資産に対する新たな課税制度を検討し、「できる限り民間で金が回る世の中にしたい」と述べた。

2012年2月8日08時42分  読売新聞より引用)
 
コメント
 
固定資産税率のアップ
いよいよ 現実味を帯びてきました
 
DSCR つまり 借入金とのバランスをもう一度見直してください
あまりにレバをかけ過ぎてますと 完全にアウトですよ
思いっきりレバをかけるのでしたら 新築でいかないと駄目です!!
 
 
 
金利も上がり、固定資産税も上がる
さて 大家さん どう対処しますか??
もっとも
私のセミナー受講者は 対策済みですね
 
 
 
 
 
 
 
新しい記事へ<<  

私が警鐘を鳴らす大家の宿命が...

  |  トップページに戻る  |  

下がれば上がる しかし まだ早い!

  >>過去の記事へ
ブログランキングに登録しています。もしよかったら、ワンクリックお願いします。!

にほんブログ村 住まいブログ 土地・不動産へ  


鈴木正浩
すずきまさひろ

1961年5月5日生まれ

早稲田大学大学院アジア太平洋研究科国際経営学(MBA)修了。千葉県匝瑳(そうさ)市出身。
29歳で地元千葉において、不動産仲介会社を創業。現在は、アパート管理件数はダントツの2000戸を数える。
2009年12月、独自のノウハウを詰め込まれた著書、「25年間アパートの利回りが下がらない<<超裏技>>不動産投資術」を出版

facebook_icon twitter_icon mixi_icon


このエントリーをはてなブックマークに追加

鈴木正浩の究極の大家道
ブログを購読する
Subscribe with Live Dwango Reader

rss2.0RSSリーダーで購読する

お問い合わせ

セミナーや投資に関するご相談は下記Eメールアドレスまで。
Email:kashikoi.ooya@gmail.com

オススメブログ
香港マイタン日記 HSBCお助け支店 海外FXお役立ちガイド
ブログランキング
にほんブログ村 住まいブログ 土地・不動産へ