初めての不動産投資 1989年

2009年12月24日
このエントリーをはてなブックマークに追加

20年位前の話、私は28歳でサラリーマンを辞め、一年半くらい家業の酒屋の手伝いをしていた。

なんにもすることがなくて、毎日の仕事といったら、自動販売機にジュースを補充することばかり、あとは何をしていたかは記憶にないくらい、遊んでいた。

そんなある日、いつものように自動販売機に缶ジュースの補充をしていたら、よく来てくれるお客から、「お兄ちゃん、この辺りに倉庫ないかね」と聞かれた。

私の家の近くには、工業団地があり、当時はバブルの終わりとはいえ、製造業はとても忙しい時代、倉庫不足は深刻であった。

じゃあ、畑をつぶして倉庫をたてちゃえ! それがはじめての不動産投資、とういうかはじめての不動産取引であった。

当時、100坪の広さの倉庫を2000万円で建築し、25万円で賃貸、実にこの20年間、一日たりとも空いたことがない奇跡の倉庫である。

10年くらい前から、さすがに家賃は20万円になったが、いまだに稼働中だ。

でも、倉庫は、本当に怖い

空室がゼロか100%のバクチみたいなもの、私の実家近くの倉庫は、大変な惨状になっている。景気に左右される不動産投資、不労所得などと勘違いしてアパートなど建てる大家さんがいたなら、とんでもないことになる。

では、まず最初に何をしなければならないか?

それは、間取りや建築会社の打ち合わせよりも、自分の持っている不動産エリアに、最強の不動産屋があるかどうかが決めて。

私は、自分なりに納得した不動産屋がいない場合には、そのエリアには絶対に建築はしない。

20年間、一か八かの倉庫を、一日たりとも空室にしない最強の不動産屋を探したことが、この投資の成功の秘訣。

まぐれではない ことだけは申し上げる

新しい記事へ<<  

初めての不動産投資 1989年

  |  トップページに戻る  |  

言葉のチカラ

  >>過去の記事へ
ブログランキングに登録しています。もしよかったら、ワンクリックお願いします。!

にほんブログ村 住まいブログ 土地・不動産へ  


鈴木正浩
すずきまさひろ

1961年5月5日生まれ

早稲田大学大学院アジア太平洋研究科国際経営学(MBA)修了。千葉県匝瑳(そうさ)市出身。
29歳で地元千葉において、不動産仲介会社を創業。現在は、アパート管理件数はダントツの2000戸を数える。
2009年12月、独自のノウハウを詰め込まれた著書、「25年間アパートの利回りが下がらない<<超裏技>>不動産投資術」を出版

facebook_icon twitter_icon mixi_icon


このエントリーをはてなブックマークに追加

鈴木正浩の究極の大家道
ブログを購読する
Subscribe with Live Dwango Reader

rss2.0RSSリーダーで購読する

お問い合わせ

セミナーや投資に関するご相談は下記Eメールアドレスまで。
Email:kashikoi.ooya@gmail.com

オススメブログ
香港マイタン日記 HSBCお助け支店 海外FXお役立ちガイド
ブログランキング
にほんブログ村 住まいブログ 土地・不動産へ