アパートのネーミング

2014年04月04日
このエントリーをはてなブックマークに追加

  

アパートを建てると

そのネーミングでいつも悩む


私の所有物件の中で

全く 何も 考えずにつけた

Mハウスという貸家

 

イニシャルから

何のひねりもなく 

1秒で考えついた名前だが

いまだ 入居率は抜群だ

 

娘が生まれた年に

勢いで建てたアパート4棟

ディアドーター1.2、3,4

この名前は管理会社が名付けてくれた

何だか 芦屋雁之助の「娘よ」を思い出す


私の友人が

グランデフェスタという結婚式場をやっていた

私もそこで結婚式をあげたわけだが

その後

諸事情で閉店となり

その名前を残そうということで



つけたのが 

マリン・フェスタ1.2

リッツ・フェスタ 

ファンタジスタ

千葉県銚子市で 4棟

いまでも フェスタ・アパートが存在する


その昔 

六本木の芋洗坂(いもあらいざか)あたりにあった

コリンズビルCOLLINS

14041401.jpg

禿げ上がる前のジェネシス時代の

フィル・コリンズが好きだった

コリンズと 響きもよく

早速 千葉のド田舎に

コリンズ1.2と名を付けたビルがある


いつも 私を応援してくれる

満タン大家さん

最初の本を出版した時からのお付き合いだ

14041402.jpg

そんな満タン大家さんさんへ敬意を表す意味で

先日 引き渡しを受けたアパート名に

アベはいない けど 「あべが居る」=アベイル

という名前をつけさせてもらった


20年前 住宅を建てようと

私のところで 土地を買ってくれたAさん

土地を引き渡した1か月後、

子供が生まれたばかりで幸せの絶頂期に突然死

奥様と子供は その後地方の実家に戻った


奥様より

「土地は売る気がないので鈴木さんで使ってほしい」

と依頼され

それ以来 私は地代を支払い 

その土地にアパートを建てさせていただいた

それから 20年がたち

生まれた子供は二十歳になった


土地賃貸借契約書には 

子供が二十歳になったら土地を更地にして返します

という約束を明記


先日 奥様へ連絡して

「土地をお返しします」と言ったら

「ずっと使っててください」とのことだ

 

新築する家の設計図までできていながら

生まれたばかりの子供の成長を見届けることなく

他界してしまったご主人の無念

 

私は このアパートにケントハウスと名づけた

もちろん 子供の名前だ

いまでは 180センチのでっかい息子へと成長し

いまだに 続く 深いご縁を大切にしている

 

こうしたアパートのネーミングにも

子供の命名と同じように

いろいろな思いが詰まっている時がある


そういえば

先日竣工した 6世帯のアパートに

レイニー・アプローズとつけた

ご存知 3歳未勝利のどうしようもない馬から

つけた名前である

 

すでに各方面から

縁起が悪いから 変えたほうがいい動きもあったが

 

予想に反して 満室が続いている

馬の走りも 

アパートのような勢いになってほしいと

切に願うばかりだ



新しい記事へ<<  

アパートのネーミング

  |  トップページに戻る  |  

ZNAPで再生エネルギー債購入!!

  >>過去の記事へ
ブログランキングに登録しています。もしよかったら、ワンクリックお願いします。!

にほんブログ村 住まいブログ 土地・不動産へ  


鈴木正浩
すずきまさひろ

1961年5月5日生まれ

早稲田大学大学院アジア太平洋研究科国際経営学(MBA)修了。千葉県匝瑳(そうさ)市出身。
29歳で地元千葉において、不動産仲介会社を創業。現在は、アパート管理件数はダントツの2000戸を数える。
2009年12月、独自のノウハウを詰め込まれた著書、「25年間アパートの利回りが下がらない<<超裏技>>不動産投資術」を出版

facebook_icon twitter_icon mixi_icon


このエントリーをはてなブックマークに追加

鈴木正浩の究極の大家道
ブログを購読する
Subscribe with Live Dwango Reader

rss2.0RSSリーダーで購読する

お問い合わせ

セミナーや投資に関するご相談は下記Eメールアドレスまで。
Email:kashikoi.ooya@gmail.com

オススメブログ
香港マイタン日記 HSBCお助け支店 海外FXお役立ちガイド
ブログランキング
にほんブログ村 住まいブログ 土地・不動産へ