上がれば下がる

2013年11月12日

 アベノミクス効果や五輪招致の成功で

活況を呈すマンション市場。

ベイエリアを中心に高層マンションが

次々に建設されているが、その一方では、

経年劣化の激しい"おんぼろマンション"も増加し、

なかには深刻なトラブルを抱える物件も少なくない。

住民の高齢化、共用部にはゴミが溢れ......

"負のスパイラル"にはまり「スラム化」する

マンションの惨状 週刊スパより

コメント

 

マンションのスラム化=ゴースト化は間違いなくくる

この件については 別な機会に


 

2020年のオリンピック決定以降

消費税アップの環境も重なり

不動産市場は 久しぶりの活況を呈している


私が顧問を務める

地盤調査会社の月次を見る限り

創業以来 最高益を更新中だ


住宅を建築するためには

絶対に欠かすことができない

地盤調査

 

この会社が忙しいこと=住宅産業が活況を呈している

 

何故なら 住宅を建てるためには

絶対に欠かすことができない調査だから

 

 

現在

弱い地盤と判定された場合

地盤改良する工事日程が

お客様の希望にそえない状況に陥っていることも

お伝えしておきたい

 


 

前回の消費税3%から5%へ 

変更になったあとの

住宅需要は

2年続けて30%を下落した

 

今回 またすぐに2%のアップがあるので

うまく 切り抜けたいが

 

私など 斜にかまえ 上がれば下がる 

来年の春先以降の 需要減を見据えて

逆に 戦々恐々としている毎日である

 

新しい記事へ<<  

上がれば下がる...

  |  トップページに戻る  |  

心理的瑕疵の続報

  >>過去の記事へ
ブログランキングに登録しています。もしよかったら、ワンクリックお願いします。!

にほんブログ村 住まいブログ 土地・不動産へ  


鈴木正浩
すずきまさひろ

1961年5月5日生まれ

早稲田大学大学院アジア太平洋研究科国際経営学(MBA)修了。千葉県匝瑳(そうさ)市出身。
29歳で地元千葉において、不動産仲介会社を創業。現在は、アパート管理件数はダントツの2000戸を数える。
2009年12月、独自のノウハウを詰め込まれた著書、「25年間アパートの利回りが下がらない<<超裏技>>不動産投資術」を出版

facebook_icon twitter_icon mixi_icon


このエントリーをはてなブックマークに追加

鈴木正浩の究極の大家道
ブログを購読する
Subscribe with Live Dwango Reader

rss2.0RSSリーダーで購読する

お問い合わせ

セミナーや投資に関するご相談は下記Eメールアドレスまで。
Email:kashikoi.ooya@gmail.com

オススメブログ
香港マイタン日記 HSBCお助け支店 海外FXお役立ちガイド
ブログランキング
にほんブログ村 住まいブログ 土地・不動産へ