お白石持行事②

2013年09月11日

 かしこい大家さん こんにちは


二見興玉神社にて

禊(みそぎ)の儀をおえ

いよいよ 本日のメインイベント

御白石持行事へ向かいました。


 

私たちは ご縁があって

地元 小川町奉献団の一員に加わり

参加することができました。


実は このお白石持行事は 

ご縁やそれなりのご紹介がなければ

参加することできませんので

貴重な経験をさせていただきました。

 

13091101.jpg


ここで

簡単に 

お白石持行事を説明させていただきます。


お白石持行事とは

20年に一度の遷宮諸行事の一つであり

新しいご神殿の敷地に敷き詰める

 

「お白石」と呼ばれる石を奉曳車に乗せて

沿道や川を練り進みます

 

 

城内にはいってからは

一人ひとり白布に

お白石を包み

 

13091102.jpg

 

遷宮後は立ち入ることのできない

新宮の御垣内、真新しい神殿近くまで

んで

お白石を奉献する行事です。


旧神領民や特別神領民が奉献し

全国から5万人もの人が参加します。



実は お白石持行事は

本来は お白石を拾うことから始まります

私たちは たった一日だけの参加ですが

小川町の方々は ずっと前から 準備をします


奉献するお白石は

紀伊山系の大台ケ原を源とする宮川流域で拾います。

各町奉献団それぞれが

お白石実施の2,3年前より

宮川に出向き

拾い集めて 準備します。

 

集めたお白石は

奉献まで 

清浄な場所に大切に保管されているのです


私たち一行は 

14:00 小川町拾番車 出発しました。

約2キロの距離を

曳車を引っ張り

町を練り歩きました

13091103.jpg

猛暑日がずっと続いてたにもかかわらず

この日に限って 雨

普段は 炎天下の下

約3時間かけて 行う行事です

13091104.jpg

通常

途中で 具合の悪くなる人が続出しますが

この日は まったく 問題ありませんでした

 

つづく

新しい記事へ<<  

お白石持行事②...

  |  トップページに戻る  |  

御白石持行事へ参加しました①

  >>過去の記事へ
ブログランキングに登録しています。もしよかったら、ワンクリックお願いします。!

にほんブログ村 住まいブログ 土地・不動産へ  


鈴木正浩
すずきまさひろ

1961年5月5日生まれ

早稲田大学大学院アジア太平洋研究科国際経営学(MBA)修了。千葉県匝瑳(そうさ)市出身。
29歳で地元千葉において、不動産仲介会社を創業。現在は、アパート管理件数はダントツの2000戸を数える。
2009年12月、独自のノウハウを詰め込まれた著書、「25年間アパートの利回りが下がらない<<超裏技>>不動産投資術」を出版

facebook_icon twitter_icon mixi_icon


このエントリーをはてなブックマークに追加

鈴木正浩の究極の大家道
ブログを購読する
Subscribe with Live Dwango Reader

rss2.0RSSリーダーで購読する

お問い合わせ

セミナーや投資に関するご相談は下記Eメールアドレスまで。
Email:kashikoi.ooya@gmail.com

オススメブログ
香港マイタン日記 HSBCお助け支店 海外FXお役立ちガイド
ブログランキング
にほんブログ村 住まいブログ 土地・不動産へ