チャンスロスと空室率の微妙な関係

2011年04月27日
このエントリーをはてなブックマークに追加

 かしこい大家さん こんにちは

津波、震災に見舞われた千葉県旭市ですが

いま 空室率が5%をきる

4.8%になりました。

(当社調査)

 

不幸な災害の影響でありますが

5%の空室率というのは 大家とってはうれしい話

しかし、不動産屋にとっては 危機的な話

 

ほとんどの貸家 アパートが入居しているということは

お客様に 紹介する物件がないということで

全国平均の空室率は約20%のご時世ですから

千葉県旭市の数字が際立っていることがお分かりでしょう

 

チャンスロス

 

売上を上げるために あえてロスをだすチャンスロス

コンビニの弁当などが その典型で

あえて 弁当を売りきるのではなく

廃棄率3%以内でおさめる発注こそが

理想といわれていています

 

普通は 廃棄がゼロに越したことはない と思いがちですが

弁当が残らないということは 売れるチャンスを逃した裏返しであります

 

一方、不動産の空室率5%をきる環境

チャンスロスが発生する危機的在庫数

物理的に一朝一夕では 完成しませんので

さあ どうなりますやら

 

とても参考になる記事がありましたので掲載します

 

以下 住宅の人気間取り

 

住宅新報によると

全国宅地建物取引業協会連合会(全宅連、伊藤博会長)が

このほどまとめた「1人暮らしに関する意識調査」によると、

1人暮らしの希望の部屋タイプのトップは1LDKで35.2%の支持を集めた。

 

最も人気がなかったのは2Kで、支持率は全体の1.9%にとどまった。

ワンルームは8.7%で4位だ。2位は31.2%の1DK、3位は11.9%の1K。

月額家賃の希望額については4万~5万円が25.9%、

5万~6万円が23.2%でほぼ二分する形となった。

これに続いて、16.5%に上った4万円以下と、

17.7%の6万~7万円もほぼ二分された。

新しい記事へ<<  

チャンスロスと空室率の微妙な関係

  |  トップページに戻る  |  

ボートパーティー参加!!5月14日

  >>過去の記事へ
ブログランキングに登録しています。もしよかったら、ワンクリックお願いします。!

にほんブログ村 住まいブログ 土地・不動産へ  


鈴木正浩
すずきまさひろ

1961年5月5日生まれ

早稲田大学大学院アジア太平洋研究科国際経営学(MBA)修了。千葉県匝瑳(そうさ)市出身。
29歳で地元千葉において、不動産仲介会社を創業。現在は、アパート管理件数はダントツの2000戸を数える。
2009年12月、独自のノウハウを詰め込まれた著書、「25年間アパートの利回りが下がらない<<超裏技>>不動産投資術」を出版

facebook_icon twitter_icon mixi_icon


このエントリーをはてなブックマークに追加

鈴木正浩の究極の大家道
ブログを購読する
Subscribe with Live Dwango Reader

rss2.0RSSリーダーで購読する

お問い合わせ

セミナーや投資に関するご相談は下記Eメールアドレスまで。
Email:kashikoi.ooya@gmail.com

オススメブログ
香港マイタン日記 HSBCお助け支店 海外FXお役立ちガイド
ブログランキング
にほんブログ村 住まいブログ 土地・不動産へ