地盤改良工事  安心を求めると資産性が下がる むずかしいですね

2011年03月03日
このエントリーをはてなブックマークに追加

かしこい大家さん こんにちは

突然ですが 下記の写真は

瑕疵担履行法による

鋼管杭工事の様子です

11030301.JPG

上記 施工会社は 現在 私が顧問をつとめている関係で

写真撮影を許可してもらいました

 

以前 

私は地盤沈下事故を起こしてしまった経験があります。

ほんと その時は 大変 苦い経験をしました

 

ちょうど

地盤に大変 神経質になっていた時

ご縁あって 株式会社ジオテクノジャパンに招へいされ

現在、顧問をつとめております

 

11030302.JPG

 

11030303.JPG

 

11030304.JPG

昔の大工さんは

家を建てる時

地盤は 長年のカンで行っていました

 

過剰品質になりつつある住宅保証制度

 

結局は 発注者(家を買う人)に

値段に 跳ね返ってきており

一般住宅で平均50万から60万円の余計は費用が

発生しています

 

お金はかかってもいいから

安心した家がほしい 

そんな需要があるのも事実ですが

土地に杭を差し込むということは・・・・

 

「安心を求めると 資産性がさがる」

 

地盤調査会社にいながら

あえて 苦言を言えば

 

最近の住宅施工は 

れいの 耐震偽装事件以来

 

なんでもかんでもすぐに

地盤を改良しましょう という傾向になってきています

 

地盤沈下をなくすことは

大変結構なことだですが

 

では 地盤調査がない時代

いったい 工務店は どうやって家をたてていたんだろう

それは 大工さんのカンで施工をされていたわけです

 

杭工事は 資産性を大幅に下げる意味 

おわかりいただけたでしょうか

 

将来、土地を転売したり 売ったりする時

杭が入ったままだと 

きっと 売れない ということなのです

 

 

将来 土地が更地になったとき

産業廃棄物入りの土地になり下がり

杭を抜かないと ガラ(廃材)が埋まっている

査定と一緒になります

 

だからといって  地盤改良工事を否定しているわけではありません

明らかな 品質過剰は どうなのかな?と思っているだけです

 

なので

地盤調査会社は ちゃんと選定しなければなりません

 

なぜならば 改良工事がほしいあまりに

地盤調査の判定を厳しくすれば 

改良する工事受注できるわけですから・・・

 

地盤調査は 絶対に

私が 心から信頼する この会社へ 一度

お問い合わせください

 

この機会に

あなたの持っている土地の地耐力を 

あらかじめ

測定しておいてみてはいかがでしょうか

 

新しい記事へ<<  

地盤改良工事  安心を求める...

  |  トップページに戻る  |  

忙殺からちょい解放

  >>過去の記事へ
ブログランキングに登録しています。もしよかったら、ワンクリックお願いします。!

にほんブログ村 住まいブログ 土地・不動産へ  


鈴木正浩
すずきまさひろ

1961年5月5日生まれ

早稲田大学大学院アジア太平洋研究科国際経営学(MBA)修了。千葉県匝瑳(そうさ)市出身。
29歳で地元千葉において、不動産仲介会社を創業。現在は、アパート管理件数はダントツの2000戸を数える。
2009年12月、独自のノウハウを詰め込まれた著書、「25年間アパートの利回りが下がらない<<超裏技>>不動産投資術」を出版

facebook_icon twitter_icon mixi_icon


このエントリーをはてなブックマークに追加

鈴木正浩の究極の大家道
ブログを購読する
Subscribe with Live Dwango Reader

rss2.0RSSリーダーで購読する

お問い合わせ

セミナーや投資に関するご相談は下記Eメールアドレスまで。
Email:kashikoi.ooya@gmail.com

オススメブログ
香港マイタン日記 HSBCお助け支店 海外FXお役立ちガイド
ブログランキング
にほんブログ村 住まいブログ 土地・不動産へ