大家の宿命  固定資産税編

2010年10月08日
このエントリーをはてなブックマークに追加

かしこい大家さん こんにちは

久しぶりにまともな不動産話でもしましょう

 

以前 大家の宿命の中でもお話しましたが

実は

大家業はあまり儲かりません。

 

詳細は避けますが、結局のところ

部屋数を多くすることで

そのメリットがでる といっていいでしょう

 

たとえば

部屋数が多いと

多少の空室だったり

思いもよらない修繕だったり

痛みをともなう出費にも

バルク処理ができるわけです

 

しかし、わずかな部屋数しかない場合

そうもいかなくなる

限られた家賃収入なる源泉で

補っていかなければならないわけで

すると、ほとんどの新人大家さんは

修繕費なる突然現れた経費におどろく

なので

儲かっている実感はまず感じないでしょう

 

やっとの思いで手に入れた不動産ですが

手にした瞬間から 不動産を持っただけで 

減算時計がスイッチオンします

 

僕がいつもいっている 大家の宿命のスタートです

なんにもしないのに ストックするだけで出ていく経費

今回は

毎年 税金が 搾取されていく 固定資産税と都市計画税

についてお話をしましょう

 

 

固定資産税なる市町村税

いま、エライ勢いで 取り立てを行っているの

ご存知でしょうか?

 

その昔 多少の滞納があったとしても

「まあまあ」と言いながら 情けがあったのに

いまでは 

家の差し押さえをしてくること ご存じでしょうか?

 

 

実はもう 地方の財政は ほぼ終焉にちかい

危機的な財政状況であることは

誰もが知る事実です

 

そして、その役所も

伝家の宝刀 権力を振りかざす時代になってきました

そう、 差押えです。

役所も背に腹はかえられない危機的な状況なのです

 

以前は

市民に住民税や固定資産是を滞納しても

督促はあったにせよ、

不動産の差し押さえまではありませんでした。

 

市役所の職員だって

家に帰れば 地域のコミュニティにいるわけで

情けというか 分割提案だったり

あるとき払の催促なし といった感じでした

 

しかし、いまは 全く違う様相になってきました

 

明日またつづきを

 

 

 

新しい記事へ<<  

大家の宿命  固定資産税編

  |  トップページに戻る  |  

用事もなく 香港へ 出発しますが・・

  >>過去の記事へ
ブログランキングに登録しています。もしよかったら、ワンクリックお願いします。!

にほんブログ村 住まいブログ 土地・不動産へ  


鈴木正浩
すずきまさひろ

1961年5月5日生まれ

早稲田大学大学院アジア太平洋研究科国際経営学(MBA)修了。千葉県匝瑳(そうさ)市出身。
29歳で地元千葉において、不動産仲介会社を創業。現在は、アパート管理件数はダントツの2000戸を数える。
2009年12月、独自のノウハウを詰め込まれた著書、「25年間アパートの利回りが下がらない<<超裏技>>不動産投資術」を出版

facebook_icon twitter_icon mixi_icon


このエントリーをはてなブックマークに追加

鈴木正浩の究極の大家道
ブログを購読する
Subscribe with Live Dwango Reader

rss2.0RSSリーダーで購読する

お問い合わせ

セミナーや投資に関するご相談は下記Eメールアドレスまで。
Email:kashikoi.ooya@gmail.com

オススメブログ
香港マイタン日記 HSBCお助け支店 海外FXお役立ちガイド
ブログランキング
にほんブログ村 住まいブログ 土地・不動産へ