オリンピックと家賃

2020年04月16日
このエントリーをはてなブックマークに追加

東京オリンピック

4年そのままスライド延期して 2024年を東京

2028年をパリでやればいいのでは とおもう

どう考えても 来年7月なんて 

世界的に見て 無理でしょう

2020年東京五輪の経済効果が気になるので調べてみました!

そうなると

選手村は 定期借家で一括借り上げ賃貸へ

それができない方は キャンセル選択ができれば・・

不動産下落が著しい昨今 

選手村買った人の心中はおだやかではない

一方 スミフ方式で じっと待つ手もあるが

バブル、リーマンを超える下落が予想されるだけに

まさに 大家オリンピック

どれだけ維持できるか 体力勝負の様相だ

そうそう 私の仕事といえば

いま ものすごい数の家賃相談が舞い込み

大家がまるで「悪党」みたいな風潮が万延しつつある

カラオケや商業系のテナントさんには

なんとか してあげたい気持ちがあるけど

アパートの住人が ここぞとばかりに

「コロナなんで 給料が下がりました

家賃を半額にしてください」

なんて話が 普通に舞い込む

ふざけるなよな 

大家だって 銀行に返済できなければ

それで終わり

家賃交渉どころではなく 競売にかけられて

あなた方も 追い出される羽目になるんだからね

それなりの節度をもった家賃交渉をお願いしますよ

新しい記事へ<<  

オリンピックと家賃...

  |  トップページに戻る  |  

私募債発行します

  >>過去の記事へ
ブログランキングに登録しています。もしよかったら、ワンクリックお願いします。!

にほんブログ村 住まいブログ 土地・不動産へ  


鈴木正浩
すずきまさひろ

1961年5月5日生まれ

早稲田大学大学院アジア太平洋研究科国際経営学(MBA)修了。千葉県匝瑳(そうさ)市出身。
29歳で地元千葉において、不動産仲介会社を創業。現在は、アパート管理件数はダントツの2000戸を数える。
2009年12月、独自のノウハウを詰め込まれた著書、「25年間アパートの利回りが下がらない<<超裏技>>不動産投資術」を出版

facebook_icon twitter_icon mixi_icon


このエントリーをはてなブックマークに追加

ブログランキング
にほんブログ村 住まいブログ 土地・不動産へ
鈴木正浩の究極の大家道
ブログを購読する
Subscribe with Live Dwango Reader

rss2.0RSSリーダーで購読する

お問い合わせ

セミナーや投資に関するご相談は下記Eメールアドレスまで。
Email:kashikoi.ooya@gmail.com

オススメブログ
香港マイタン日記 HSBCお助け支店 海外FXお役立ちガイド
過去記事アーカイブ