ウルトラスプリンターズステークス 50メートルG1

2013年09月29日
このエントリーをはてなブックマークに追加

 

スプリンターズG1

 

130929.jpg

 

さすが ロードカナロアは すごかったですね

個人的には

ハクサンムーンの必死の逃げに 涙しましたが・・

 

 

 

 

13092901.jpg

 

 

そんな 馬たちの 走りをみて

昨日の 

小学校2年になる娘の運動会のことを

思い出しました

 

少々親馬鹿な話ですが

じつは うちの娘の走りは

男女合わせて  クラスでトップ


昔から 悪戯したあとの

逃げ足が 早く

 

うちの娘の走りをみた

報知新聞のT部長から

 

「体幹がいいので ぜったに陸上をさせたほうがいい

陸上をやれば その後 どんなスポーツに応用できる」と

 

真面目な アドバイスをいただき

私も プロの記者からの言葉だったので

 

すぐに 陸上クラブに入れて

春先から 運動会に備えました


その甲斐があってか

晴れて 第一走者に抜擢

ところが 相手はすべて 男子です

 

クラス対抗リレーの第一走者は各組2名

そのクラスで一番はやいタイムの

人が出走します

 

私も こう見えても元陸上部

娘には

コーナーワークの秘策を伝授させ

 

たった8秒でおわる

50メートルの競走に

この一か月 すべてをかけておりました

 

なので 私にとっては G1

ウルトラスプリンターズステークスです


結果は 6人中 4位

スタートが 最悪の最外を引いてしまい

 

コース取りもアウトコースから

インコースに入れず

そのまま膨れたままの走りでした。


予行練習や練習では 常に2位でしたが

本番では 

いつも早かった子には勝ったものの

 

普段は楽勝に勝っていた子たちに

一気に足元をすくわれました

 

競馬で言うなら 伏兵です


努力した結果の負けでしたが

相手の努力のほうが 

さらに上を行ってました

 

ところが 考えてみれば これはクラス対抗リレー

 

個人戦ではなく団体戦という 

肝心なことを忘れておりました


本当は

最後の走者まで目を離さず

娘のチームを 応援するべきなのに

 

結果にこだわった私は 

4位でバトンを渡した娘の結果に落ち込み

呆然としておりました


結果は チーム 第一位でフィニッシュ

最高の結果に 跳ねて喜ぶ娘の姿をみて


これが 本当の「親が馬鹿」だったなと

反省しきりでした


新しい記事へ<<  

ウルトラスプリンターズステー...

  |  トップページに戻る  |  

まもなく 賑やかに なりますよ

  >>過去の記事へ
ブログランキングに登録しています。もしよかったら、ワンクリックお願いします。!

にほんブログ村 住まいブログ 土地・不動産へ  


鈴木正浩
すずきまさひろ

1961年5月5日生まれ

早稲田大学大学院アジア太平洋研究科国際経営学(MBA)修了。千葉県匝瑳(そうさ)市出身。
29歳で地元千葉において、不動産仲介会社を創業。現在は、アパート管理件数はダントツの2000戸を数える。
2009年12月、独自のノウハウを詰め込まれた著書、「25年間アパートの利回りが下がらない<<超裏技>>不動産投資術」を出版

facebook_icon twitter_icon mixi_icon


このエントリーをはてなブックマークに追加

鈴木正浩の究極の大家道
ブログを購読する
Subscribe with Live Dwango Reader

rss2.0RSSリーダーで購読する

お問い合わせ

セミナーや投資に関するご相談は下記Eメールアドレスまで。
Email:kashikoi.ooya@gmail.com

オススメブログ
香港マイタン日記 HSBCお助け支店 海外FXお役立ちガイド
ブログランキング
にほんブログ村 住まいブログ 土地・不動産へ