白内障の手術をします

2019年05月01日
このエントリーをはてなブックマークに追加

かしこい大家の皆様 こんにちは

鈴木正浩です

symptom14-01.jpg

いまから 約4年前 網膜裂孔による飛蚊症を患い

やむを得ず 保険適用外の※硝子体手術を行いました

※硝子体手術とは 硝子体腔に起こった疾患を治療する目的で、

眼内の出血や濁りなどを硝子体といっしょに除去する手術が網膜硝子体手術です。

 硝子体を切除するには、白目の部分に3カ所小さな穴を開け、

そこから細い器具を眼内に挿入し、眼の中の出血や濁りを硝子体と共に取り除き、

網膜にできた増殖膜や網膜裂孔を治し網膜の機能を回復させます

d4f49f7d.jpg

実は この手術

本来は保険適用ではありますが

飛蚊症に対しては保険がきかず

どこの病院も手術はしてくれませんでした

(約150万円くらいの治療費がかかりました)

いろいろ探し回り 友人の伝手も頼りに

福岡県飯塚市にある 岡眼科で

一定の条件のもと オペをしてくれました

この手術により 硝子体は新しい液体に置換され

視界はクリアになるのですが

一方 最大のデメリットとして 

この手術後 ほどなく

白内障が発生してしまいます

白内障は 長生きすれば ほぼ100% 誰もがなる目の病気ですが

その症状が 術後4年にして 顕著となってきました

いまでは コンタクトレンズでも視力が出ず

ゴルフをしても 落下地点もわからないため

やむなく

同年代の人より 20年早く 7月6日に手術するはこびになりました

眼内レンズを入れる手術後は メガネ、コンタクトレンズから開放され

視力も子供のころのような視界や視力を取り戻せるわけですが

どうやら 視力が良くなった分 老眼だけは治すことができず

老眼鏡だけは 手放せないようです

新しい記事へ<<  

白内障の手術をします

  |  トップページに戻る  |  

令和初日の今日

  >>過去の記事へ
ブログランキングに登録しています。もしよかったら、ワンクリックお願いします。!

にほんブログ村 住まいブログ 土地・不動産へ  


鈴木正浩
すずきまさひろ

1961年5月5日生まれ

早稲田大学大学院アジア太平洋研究科国際経営学(MBA)修了。千葉県匝瑳(そうさ)市出身。
29歳で地元千葉において、不動産仲介会社を創業。現在は、アパート管理件数はダントツの2000戸を数える。
2009年12月、独自のノウハウを詰め込まれた著書、「25年間アパートの利回りが下がらない<<超裏技>>不動産投資術」を出版

facebook_icon twitter_icon mixi_icon


このエントリーをはてなブックマークに追加

鈴木正浩の究極の大家道
ブログを購読する
Subscribe with Live Dwango Reader

rss2.0RSSリーダーで購読する

お問い合わせ

セミナーや投資に関するご相談は下記Eメールアドレスまで。
Email:kashikoi.ooya@gmail.com

オススメブログ
香港マイタン日記 HSBCお助け支店 海外FXお役立ちガイド
ブログランキング
にほんブログ村 住まいブログ 土地・不動産へ