大問題だ

2016年08月17日
このエントリーをはてなブックマークに追加

かしこい大家の皆さま こんにちは

鈴木正浩です

 

 

 

 

 

 

今月は太陽光発電事業の連携が2件あります

そのうちの1件で大問題が発生

到底容認できない 信じられない事件とは・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

千葉県匝瑳市で

昨年10月に申し込んだ318kWHの案件

当時のFIT=固定買取は 27円の権利

経済産業書→東京電力の流れで書類が進むわけですが・・・

 

 

 

 

しかし

経産省の認定はとっくの昔におりているにもかかわわず

東京電力の書類が全く進まない状況が続きました

 

 

 

 

 

銀行融資も それにめがけて実行され

2月初旬から 工事が着工スタート

ところが

待てど暮らせど 東京電力から

まったく音沙汰がなし

 

 

 

 

 

総額7000千万円かけた現場は 

この3月に予定どおり 終了

銀行の支払いが 始まりました

 

 

 

 

 

どんなに遅くても 4月までにはと高を括っていたところ

連携予定日は 11月という回答が突然 きました

 

 

 

 

 

 

「冗談じゃない 御社が3月といっていたのに 11月とはおかしいじゃないか」

とクレーム

銀行支払が始まって 7か月先とは 大変な事態です

 

 

 

 

「順番ですから」と言われて以降

電話しても出ず そのまま月日が流れました

 

 

 

目論み月額90万円の売電収入が

入らず

 

 

 

 

資金繰りがどんどんきびしくなっていったのです

その間 散々 電話をかけまくり

クレーム三昧の果てに

やっと8月16日に連携が決まりました

 

ここまでは 良しとしましょう

 

 

 

 

 

 

問題はこれからです

 

 

 

会社に届いた封書を開けると

 

売電契約書が入っていて

27円の買取りではなく

24円での買取りとなっています

 

 

 

 

 

 

私が申し込んだ時期が27円だったので

早速またまたクレーム

ところが 東電が書類が遅れたことが原因なのに

 

 

 

あくまでも 連携日が基準ですとのこと

政府できまったことだから 仕方がないと

つれない 回答がきました

 

 

これによって 私が損失を被る金額は

2100万円

 

 

 

 

 

東電が勝手に書類を遅らせておきながら

こんなの 冗談じゃ ない

これでは

相手が いくらでも 遅らせることによって

FITの

権利消滅をはかることができるわけです

 

 

 

 

 

 

現在 申請中の現場はまだ 9件あり

それは恐ろしい状況が続くわけですが

アポ入れても

「来ても無駄ですよ」 と 連れない回答

冗談じゃない 本日

東電へ 乗り込んでまいります

 

 

 

 

 

 

 

直近で 高圧を申し込んでいる方々

来年3月までに連携されないと

(正式には売電契約がかわされないと)

とんでもない事態が発生しますので

どうぞご注意くださいませ

 

 

 

 

 

新しい記事へ<<  

大問題だ...

  |  トップページに戻る  |  

本日 複勝で勝負!

  >>過去の記事へ
ブログランキングに登録しています。もしよかったら、ワンクリックお願いします。!

にほんブログ村 住まいブログ 土地・不動産へ  


鈴木正浩
すずきまさひろ

1961年5月5日生まれ

早稲田大学大学院アジア太平洋研究科国際経営学(MBA)修了。千葉県匝瑳(そうさ)市出身。
29歳で地元千葉において、不動産仲介会社を創業。現在は、アパート管理件数はダントツの2000戸を数える。
2009年12月、独自のノウハウを詰め込まれた著書、「25年間アパートの利回りが下がらない<<超裏技>>不動産投資術」を出版

facebook_icon twitter_icon mixi_icon


このエントリーをはてなブックマークに追加

鈴木正浩の究極の大家道
ブログを購読する
Subscribe with Live Dwango Reader

rss2.0RSSリーダーで購読する

お問い合わせ

セミナーや投資に関するご相談は下記Eメールアドレスまで。
Email:kashikoi.ooya@gmail.com

オススメブログ
香港マイタン日記 HSBCお助け支店 海外FXお役立ちガイド
ブログランキング
にほんブログ村 住まいブログ 土地・不動産へ